DSCN1298DSCN1300Endlich!!ようやく部屋に電気が付いた!
この部屋に住み始めてからの5か月間、私は間接照明のみで生活していた。というのも、ドイツでは電気の取り付け工事も利用者が行うのが基本。前に住んでいた人が電気を残していく以外は、取り付け器具が付いていない事が多い。そこで普通は大きなドリルで天井に穴を空けて取り付ける。私も住み始めて間もなくお気に入りの電気を買ってきて、自分で取り付けようと知り合いからドリルを借りて工事しようとした。しかし私の部屋の天井はとても硬いコンクリートでできており、とてもそのドリルでは穴が開かなかった。工事はとても骨が折れる作業。私はやる気を無くして買ってきた電気をクローゼットにしまい込んでいた。
これまでは間接照明だけでも生活はできたし、特別困ったことは無かったのだが、ドイツは冬になると16:30頃には日が落ちて17:00には真っ暗だ。22:00まで明るかった夏と比べて、ここまで日が落ちる時間が早いと部屋でリードさえろくに作れなくなる。これでは困るとのことで、お隣さんに相談して大家さんから巨大なドリルを借りた。そしてやっと今日工事をする時間と気力ができたのでやってみた。すると意外と穴さえ開けばすんなり電気を取り付ける事ができ、今日やっと冬でも快適な部屋が完成した!
写真はその取り付け後の様子。取り付ける前は二枚目のように天井からただコードが2本ほど飛び出てるだけだった。

さて、ブレーメンはすっかり冬になり町にはクリスマスマーケットの露店が立ち並び、クリスマスを祝う準備が着々と進んでいる。明日からクリスマスマーケットは開店し、町はとても煌びやかでメルヘンチックな装いとなる。その様子はまたブログでお伝えします!