DSCN1121DSCN1115先日、とうとう念願の自転車を購入しました!

とは言っても、休日に開かれる「Flohmarkt(蚤の市)」で中古の物を購入。ドイツで自転車はなかなかの高級品で、新品を買おうとするとおよそ€500くらいするのでとても手が出ない。そこでドイツ観光の名所でもある蚤の市へ初めて出かけた。

もともと私は中古という概念がとても好きで、売り手は「要らなくなった物を買ってもらえる」買い手は「欲しい物を安く購入できる」という事ほどハッピーな買い物はない。実際に足を運ぶと出店の多さにびっくり!100mほどの道にずらりと店が並んでいる。蚤の市ということで、人形や洋服などはもちろん、オーディオや蛇口まで売っている!そこで目当ての自転車を発見。価格を聞いてみると€35と言われたが、ケチな私は「少し高すぎる」と言ってみた。すると€30にしてくれていざ買おうとしたら細かいお金を持っておらず、なんと手持ちの細かいお金€27.5oで売ってくれた!非常にうれしい買い物である。

ドイツでは大体どの町でもトラム(路面電車)が発達していて、基本的にはそれを使って移動することが多い。学生証を持っていればトラムもタダで乗り放題だが、残念ながら私はまだ学生証を持っていない。だからこの自転車が大活躍する訳である。

最近雨の多いBremenでも晴れの日が増えてきたので、事故と盗難に気を付けてサイクリングを楽しみたい。