2年前の夏、私は生まれて初めて海外の講習会を受講しにドイツ・ワイマールへ行った。とても素晴らしい講習会で、用意されたホテルにはプールやサウナも付いていた。気晴らしにサウナに入った時の出来事。

私が入る前からドイツ人の初老の男性2人と女性1人(ドイツでは混浴なのです)がいたがその男性2人に囲まれた。「Kannst du Deutsch sprechen?(ドイツ語しゃべれる?)」と聞かれた私は語学に全く自信がなかったので「Nein!!」と言った。すると男性は英語で話してくれたが、私が何をしにドイツへ来たかなどを聞かれた末、「ヒトラーは知ってる?」と言ってきた。さすがの私でもヒトラーくらい知っているので「Yes」と答えたが、「何をした人?」「ユダヤ人を何人殺害したの?」など詳しく聞かれた。ドイツ人は数字にうるさいという認識はあったが、いざ聞かれると答えられない。そうこうしているとドイツ人2人何やらドイツ語で話している。雰囲気から察すると「日本人はこんなことも知らないのか。それでドイツへ来たのか」と言ってるように聞こえた。

来月からドイツへ行く私。ドイツには日本よりも未だ戦争の傷跡が残っているようだ。少なくとも日本の原爆ドームへ行ったことがないのでは話にならないと思い、明日から広島に行ってきます。