DSCN1874DSCN1877最近ちょっとはまっていることがある。それはコーヒー
いつか興味深い話を聞いた。なんとドイツ人の一年間のビール消費量よりもコーヒー消費量の方が上回っているということである。一般的にドイツのイメージとして、ビールジョッキ片手にソーセージを食うというものだが、以外にもドイツ人はコーヒーが大好き。リハーサルの休憩の事を「コーヒー休憩」と言ったりもする。
さてそんなドイツのコーヒーに最近私も興味を注いでいる。お店で飲むコーヒーではなくて、家で淹れるコーヒーである。以前ミュンヘンに演奏しに行った際に、聴きに来てくれた友達が日本風のもてなしでミュンヘンの代表的なコーヒー、Dallmayrをプレゼントしてくれた。Dallmayrは日本でも有名なので、むしろドイツのコーヒーという事に驚く方も多いかもしれない。
アフターヌーンにはもってこいで、日当りの良い部屋でコーヒーの香りを嗅ぎながら音楽でも聴いていると、本当に心が休まる。

心の休息というものは常に必要である。これは忙しい時こそ必要なのに、忙しい時こそ忘れがちなこと。最近ブレーメンは北ドイツらしからぬ快晴続きで、外を歩いていると本当に気持ちが良い。今日は2日後に控えたデュオリサイタルのリハーサルを終えたのち時間があったので、家の近くの川のふもとで勉強をしてみた。緑に囲まれ、水が流れる音を聞きながら本を読んでいると、体の疲れも癒されたように思える。これはぜひ継続したいと思った。この時期のドイツの木々の色もとても美しい。